自己破産申し立ての陳述書

###Site Name###

心ならずも多額の借金を背負ってしまい、結果自己破産をすることになってしまった場合、その申し立てに必要な書類のひとつに陳述書というものがあります。

この陳述書とは自己破産申し立ての際に裁判所に提出するものなのですが、これは実は非常に重要視される書類でして、弁護士に依頼している方の場合は事前に弁護士の方でもチェックしてくれ、まずいところは指摘してもらえますが、陳述書の内容如何では自己破産の免責が下りない可能性もありますので、十分に時間を取って良い陳述書を書かなければなりません。

自己破産申し立ての際に書く陳述書の内容項目は概ね定められており、借金した理由、破綻してしまった理由、自己破産が必要な理由、現在の生活状況、反省文、これからのビジョンといったものになっています。

不動産つなぎローン情報を厳選して紹介します。

借金した理由はそのまま書けばいいので簡単ですが、ギャンブルや遊興費としての借金では自己破産は認められません。
破綻した理由とは失業のためであるとか、多重債務のためといったものです。

いずれにしてもそれに至る経緯を詳しく書くのが良いです。
自己破産が必要な理由とは、例えば失業中であれば当然支払うことができませんので、任意整理等での解決は不可能で自己破産が必要だということになります。

他種類に及ぶ不動産つなぎローンで快適な暮らしを実現しましょう。

その他債務額が大きすぎるため月々利息分しか支払うことができず、元金完済できる見込みがないというのもそれにあたります。

現在の生活状況は、住居形態や家族構成、経済的観点からの状況等を詳細に亘って記します。
残りの反省文とこれからのビジョンについては、ある意味一番重要な部分とも言えます。

住宅購入相談情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

この内容によって、本人がここまでの借金を背負ってしまったことをしっかり反省できているのか、また今後このようなことにならず、更正することが出来るのかということを判断される訳です。

逆に言えばここの内容次第では、自己破産を認められないと判断されることもあります。


陳述書が短くて叱られることはあっても、長くて叱られるということはありませんので、下手な文章でも思いの丈をしっかりと詳しく綴ることが大事です。

自己破産とは、債務が完済できないとして、財産を全て差し出す代わりに、借金を帳消しにしてもらう破産手続きを、自ら申し立てるものです。

FP住宅購入の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

債務整理の一手法ですが、他の債務整理手法が債務を軽減、圧縮して返済していくのに対し、自己破産は唯一の清算型の債務整理となっています。

自己破産は、借金が返せないと認めてもらう破産手続きと、残った借金を返さなくてもいいと認めてもらう免責手続きからなります。


破産の申し立てをした者は、免責の申し立てもしたものとされますが、法律上は、それぞれが個別の手続きとして区分されます。

申し立てが一回でいいのは、かつて破産手続き後に免責手続きの申請を忘れた債務者が存在したため、債務者が特別に反対の意思表示をしない限り、一連に取り扱うこととしたためです。
自己破産では、裁判所に支払う不能と認めてもらうことが必要ですが、借りたお金は返すのが、社会の常識であり、自分が借金を返せないといっても、客観的に継続して借金返済ができないと認められなければなりません。

主に収入と返済額の関係によって判断され、返済額が収入の4分の1を超えていれば、支払い不能と認められる可能性が高いといえます。

但し、年齢や職業、家族の状況なども考慮されるため、これは一つの目安にしかなりません。裁判所が支払い不能と認め、破産手続きの開始決定が下りれば、ほとんどの場合免責許可の決定も下ります。但し、免責許可が下りるには、免責許可の不許可事由に該当しないことが条件となります。

免責不許可事由には多くの項目がありますが、実際に免責不許可事由に該当するかどうかは、微妙な場合も多く、裁判官や裁判所によって判断が分かれるものもあります。免責不許可事由に該当しても、裁判所は必ず免責不許可にするわけではなく、債務の一部は払いなさいという一部免責という場合もあります。自己破産は、借金が返せなくなった人を経済的に救い、人生の再チャレンジの機会を与えてくれる制度です。

お客様に相応しい相続借金について詳しく知りたいならこのサイトです。

自己破産は資格制限などのデメリットもあり、できれば利用したくない制度ですが、本当に困っていれば、国が認めている人生の再出発制度ですので、その知識をしっかり持って自分の未来のために活用することを考えるべきです。

http://matome.naver.jp/odai/2139497699567902801
http://rocketnews24.com/2011/02/18/%E7%84%A1%E6%95%B5%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%80%8Cgoogle%E3%80%8D%E3%81%AE3%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%BC%B1%E7%82%B9/
http://www.sankei.com/economy/news/160627/ecn1606270027-n1.html